挫折感。努力が足りん。

 

先日、同い年のスゴイ人と会った。





めちゃくちゃ稼いでいる人で、その業界では有名人。






一見、フツーのゆとり世代人間。





ですが、話してみると何考えてるかレベル高すぎてワケワカラン。





その時は、「集客」について話した。


「漫画家を10人集めたい。どうしたらよいか?」






「えっ???」




「集めて何すんのよ?てか、そんな方法知らないよ!」




とか、




「カリスマギャルと知り合いました。そのカリスマギャルから『仕事が欲しい』と依頼されました。あなたならどうプロデュースするか?」




「えっ??????」





「自分、カリスマギャルとか苦手なんですけど・・・」





「てか、なんちゅう想像?しかもプロデュースすることになってんの??」







みなさまならどうでしょう。





これを会話の中でやるので、人生で三本の指に入るくらい汗かきました(笑)




やっぱりスゴイ人だった。


考えているステージが全然違っていた。





ゆとり世代が稼いでいくにはもっと勉強しなければいけないのか・・と挫折感も味わった。



歯を食いしばってがんばろう。





しかし、この方。



カナリ多忙な上に、面会希望もほとんど拒否しているとのこと。



自分もダメ元でメールを送ったら、「会いましょう」となったのです。




同じ出身大学、同級生ということもあって共感されたのでしょうか。




しかし、行動を起こしていなかったら会うこともできなかった。




行動、大事です。



考える前に動く。


再認識させられました。






ゆとり世代、一緒にがんばろう。



ゆとり大家

 

 

よろしければ投票してくださーい。

カオロゴバナー

こちらもよろしければ投票してくださーい。


不動産投資<br />の収益物件

 

Twitterもやっておりますので、お気軽にフォローしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です