タイフーンの中、送別会。

 

タイフーンが猛威を振るっているようだ。


災害はいつでもやってくる。


そういう意識を常に持っていなければならないと思い知らされた。






そんな中、会社の長老(仮名)の定年退職送別会に出席。



産業時代を生きてきた長老にとっては、あとは優雅な老後を送るのみだそうだ。



しかし、これがなかなか大変だという。




つまり、今さら何もすることがないということらしい。





この長老、なかなかの多趣味で知られていたのだが、それでもダメらしい。


もう既に半分退職モードになり、今月も数回しか出勤しないのだが、


早くも窮地に立っているとのこと。





この先の年金も不安な上に、不安要素が多くてしょうがないという。





しかし勤続40年余。


こんなに勤労しても残るものは一体何だったのであろうか。



これから長生きできる保証はないし、長生きし過ぎない方がかえって良いのかもしれない。




そう考えると、虚しさがつのる。





産業時代は終わった。


新しい時代になったと早く気付き、対処することが本当に大切だと再認識した。




ゆとり大家

 

よろしければ投票してくださーい。

 

 

カオロゴバナー

こちらもよろしければ投票してくださーい。


不動産投資<br />の収益物件

 

Twitterもやっておりますので、お気軽にフォローしてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です