ハイパーインフレ??

こんにちは。

ゆとり大家です。

 

ちょっと飲み会が続いてしまって、更新が遅れていましました。

 

さて、前回からの引き続きで、今回はハイパーインフレの件。

経済情報に触れていると、どこかでこの名前にたどり着くことかと思います。

前回はインフレ=悪、という構図はおかしいと指摘しました。

現在、アベノミクスで実行されている金融緩和は、実際には雇用に大きな好影響を与えます。

事実、失業率は民主党政権時代より大きく下がっています。

ただし、高橋洋一先生曰く、日本の自然失業率は2.7%程度のようですので、もう少し金融緩和の余地はありそうです。

 

現状、金融緩和は進めるべきですが、これにはあるペナルティがあります。

唯一にして破壊力満点のペナルティ。

 

それがインフレです。

インフレ率2%のマイルドなインフレ率であれば、問題ないのですが

(それゆえ、各国の中央銀行はインフレターゲットを2%程度にしている)

あまりに紙幣を刷りすぎる(金融緩和しすぎる)と、いきすぎたインフレになってしまいます。

これが、ロバートさんも指摘するハイパーインフレ。

 

 

それではここで、ハイパーインフレについて見てみましょう。

最低でも国際会計基準の定める3年間で累積100%(年率約26%)の物価上昇、フィリップ・ケーガン(英語版)による定義では月率50%(年率13000%)を超える物価上昇を『ハイパーインフレーション』と呼んでいる。

(参考)Wikipedia 「ハイパーインフレーション」

 

すごいですね。年率13000%って利回りにするとえげつない。

こんな物件、欲しいです(笑)

そして、ハイパーインフレと言ったら想像するのはこんな感じでは?

(参照)ShareWis PRESS  http://press.share-wis.com/german-hyperinflation

 

第一次世界大戦後のドイツです。

敗戦国となったドイツが賠償金支払いのため、マルクを刷りまくりました。

これによって、明らかなハイパーインフレが発生。

最近ではジンバブエでも強烈なインフレが発生しましたね。

 

 

さて、それではアメリカのインフレ率を見てみましょう。

ロバートさんの主張では、QE(金融緩和)によってハイパーインフレになるとのこと。

最初の金融緩和(QE1)が実施されたのは、リーマンショックによる景気低迷に対抗するために2008年の11月より行われました。

 

 

えっ?

 

(参考)いずれも、世界経済のネタ帳 http://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=PCPIPCH&c1=US&s=&e=

 

むしろトレンドとしてはインフレ率下がってんじゃん。。

QE3直後の2012年で2%弱のインフレ率。

直近では2%を超えることもなくなっています。

 

つまり、QEを行ってもインフレは少ししか進んでおらず、(巷ではQE4待望論も・・・)

ましてやハイパーインフレなんて夢の夢。

そういえば日本でもこんな人たちが言っていましたね。

 

 

特に紫さんはドル円50円台とか、アベノミクスで株価暴落とか

色々言うんですが、それらの予測が当たったことあるんでしょうか(笑)

 

あれ?

そういえば・・・

 

ロバート・キヨサキさんの本、数年前に表紙が変わりましたよね?

しかも、紫色に!

 

あーー!!

紫つながりか!!!

 

・・・お後がよろしいようで(笑)

昔は高貴な色だった紫色。

ですが、現代の、こと経済に関しては紫には関わらない方が良さそうです(笑)

 

 

長くなってしまいましたので、続きはまた次回。

 

ゆとり大家

 

☟ 応援クリックお願いします!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です